インフルエンザが猛威を振るっているこの時期。ご家族やご自身がすでにインフルエンザに罹った方もたくさんいるのではないでしょうか?

筆者も実は、年末にインフルエンザB型に感染し寝込んでおりました…。B型に罹ってA型に感染することもあるというので、ちょっとびくびくしてます^^;

このページでは、番組で紹介されていた、かかりにくい血液型、体形、食事の好み(肉好き?魚好き?)について紹介しますね^^

スポンサーリンク


かかりにくい血液型は「O型」その理由は?


白血球の中にあるリンパ球(抗体を作る)割合が、血液型によって異なることが理由です。

その割合は、こんな感じです。
O型 39%
B型 37%
A型 36%
AB型 34%


微妙な数値の違いですが、皆さんの周りではいかがでしょうか?

スポンサーリンク


かかりにくい体形は「痩せている人」。その理由は?

太っている人VS痩せている人だと、かかりにくいのは「痩せている人」です。

その理由は、太っている人は口呼吸になる人が多く、ウイルスを体の中に侵入させやすく、痩せている人は鼻呼吸がメインで、鼻毛でウィルスをブロックしているからです。


鼻毛の存在は、かなり大事なんですね!この時期、うかつに抜かない方が良さそう^^;

魚好きVS肉好き。かかりにくいのはどっち?

答えは、「魚好き」です!

その理由は、魚にはビタミンDが豊富で、体内のビタミンDを増やすとインフルエンザの発症を2割減らせるそうなんです!

ビタミンDが風邪やインフルエンザに効果があるといわれてます。寒い時期においしい魚もたくさんあるので、たくさん食べたいところですね^^

スポンサーリンク


こちらの記事も読まれています
「 とくダネ インフルエンザ特集 医師が実践する予防法4つ 1月17日 フジテレビ」