世界一受けたい授業、3時間目は保健体育。

突然死や視力低下まで…姿勢トラブルで病気に!?

カラダの新常識病気の原因『姿勢トラブル』についての授業でした。

スポンサーリンク


頭の重さは体重役10分の一と言われています。

姿勢が悪いということは、肩や腰に負担がかかっています。不調の原因になります!

出演者で、姿勢が悪いといわれていたのは、有田さん、吉田沙保里さん、俳優の青柳さん、そして滝沢カレンさんでした。

おそらく私も、姿勢はあまりよくないと思います。家でテレビを寝っ転がってみているし…^^;

簡単な姿勢チェックで、姿勢がいいのか悪いのかチェックできると番組で紹介していました!

使うのは椅子と壁。

座った時に膝が90度になること。

つま先が壁に軽く触れるように座り、立ち上がれますか?

立ち上がれなかったら姿勢が悪いということになるそうです。

正しい姿勢に必要な骨盤はインナーマッスルがあまりよくない状態で

姿勢が保たれないということなんだそうです。

このチェックで立ち上がれなかった出演者が麻木久仁子さんでした。

スポンサーリンク


危険な姿勢トラブル①「ぎっくり背中」

背中の筋肉に極度のハリが!これはぎっくり腰の背中版。
呼吸をするだけでも痛むこともあるそうです。

危険な姿勢トラブル②「肺血栓塞栓症」
長時間座ったままはNG。血栓ができてそれが心臓に届き、血管が詰まってしまう可能性が…。

また、若くても長期間姿勢が悪いと骨が変形してしまうこともあるそうです。

イスに座るときに実践できる姿勢改善方法

1枚のバスタオルを丸めて両端を輪ゴムで丸めるだけで準備完了!
イスの一番奥、背もたれの部分にタオルをあてがって座ります

道具いらずで姿勢を改善できる方法がこちら。
壁向きスクワット運動は、比較的早い改善をしたい人にいい運動だそうです!!

壁向きスクワット運動

・壁につま先を付けます
・1日10回を3セット
・壁に向かってスクワットをします。
・膝は壁についても大丈夫だそうです。


傾いた骨盤を正しい位置に戻す効果を狙っているのと、
インナーマッスルを鍛えるトレーニングにもなっているのだそうです。

日ごろから気を付けつつ、トレーニングも取り入れながら姿勢をきれいに保ちながら健康的にすごしたいですね!

スポンサーリンク