ニュースゼロで菅田将暉さんの特集をしていたので思わず見入ってしまいました。テレビで見ない日はないという位、よく出ていますよね。数々の賞を受賞し、俳優として大活躍しているなか、歌手への挑戦。ドラマの役、携帯電話のコマーシャルでの鬼ちゃんの役、本当に七変化!?と思うほど役をこなす菅田さんですが、今、歌うことに挑戦しているそうです。そこにはどんな思いがあるのでしょうか。

スポンサーリンク


なぜ、今歌うのか?


幼いころは歌うことが大好きだったのだそうです。しかし、「声変わり」がきっかけで、歌うことに少しずつ距離を置くようになった菅田さん。

19歳のときに出会った歌に刺激を受けます。歌手のある部分にひきつけられたといいます。その曲がフジファブリックの「茜色の夕日」という曲でした。

孤独の中走り続けた自分に勇気をくれた曲なのだそうです。2013年当時20才のライブで、この曲をファンに届けた。うまい下手は関係ない。涙交じりのライブの映像が印象的でした。

「何気ない言葉とメロディで救われることがたくさんあったから
それを自分がやりたい
きっと今の自分の立場じゃないと
出来ないことなのかも…」

と菅田さん。

スポンサーリンク


そしてライブ当日


開演五分前。ギリギリまで歌詞を見つめる菅田さん。緊張感がつたわりますね…。そしていよいよ!

「見たこともない景色」デビュー曲は
頑張る人への応援ソング。
歌手としての第1歩を踏み出した菅田さんです。

スポンサーリンク


ネットの反応は?

おわりに

真剣にチャレンジしている姿がとてもかっこよかったです。これからの菅田さんをもっともっと知りたいし見ていきたいと思いました。菅田さんの音楽の原点を改めて知って、歌手菅田将暉として挑戦していく姿に勇気ももらえたような気がします。応援していきたいと思います!

スポンサーリンク