産科医療の現場を舞台に、「命」に関わるたくさんの奇跡のストーリーを描くドラマ「コウノドリ」が 10月16日からいよいよスタートします。2015年10月期に放送された前作から2年後 を舞台にした新シリーズになります。主演は前回も大好評だった綾野剛さん、そして豪華キャスト陣の出演も決定。お産医療の最前線で戦う産婦人科と、その医療チーム、患者、生まれてくる新しい命を、厳しくも温かく優しい目線で描くないようになっています。綾野剛さん演じる、サクラ先生の優しい声にまた癒されそうです!

スポンサーリンク


綾野剛 コウノドリ 原作は?

「コウノドリ」は、鈴ノ木ユウさん著作の日本の漫画です。産婦人科を舞台にした作品で、2012年35号から『モーニング』(講談社)で連載されています。そして、2015年10月から実写テレビドラマ化がスタートしました。医師であり、ジャズピアニストでもある、鴻鳥サクラが主人公。医療機関名は「聖ペルソナ総合医療センター」。妊産婦とその家族を中心にストーリーが展開していくのですが、「切迫流産」「人工妊娠中絶」などの、読みながらもちょっとハラハラしてしまう内容ですが、とても考えされられるストーリーです。

スポンサーリンク


綾野剛 コウノドリ 主人公のモデルがいた

2008年に作者の鈴ノ木ユウさんが、実際に奥様のの出産に立会って感動し、これを伝える使命を感じ、漫画化を企画したことからスタートしたのだそうです。当時、大阪大学病院で妻の担当医だった、りんくう総合医療センター泉州広域母子医療センター長の荻田和秀産婦人科医が主人公のモデルとなっています。新シリーズは島が舞台。前シリーズにはなかった“島”という壮大なロケーションで繰り広げられる、リアルな医療現場の様子も描かれるそうですよ。なんでも対応できる大きな医療施設がない島で、どんな物語が始まるのでしょうか。

スポンサーリンク


綾野剛 コウノドリ 期待の声

SNSにも、多くのファンの皆さんが期待の声を寄せていますので、ご紹介しますね。

おわりに


いかがでしたか?今回は「島」が舞台なんですね。どんな物語が描かれるのか想像できませんね!妊娠出産を経験された方は、たぶんハラハラドキドキの内容になるのではないでしょうか?綾野剛さん主演の「コウノドリ」は、10月13日よる10時スタートです!楽しみです!

スポンサーリンク